一般社団法人 日本学校歯科医会

一般社団法人 日本学校歯科医会

第83回全国学校歯科保健研究大会を開催

令和2年10月17日(木)・18日(金)の両日、『「生き抜く力」をはぐくむ歯・口の健康づくりの展開を目指して~学校歯科保健が拓く新たな時代』をテーマに、山口県の山口市民会館、ほかを会場に「第83回全国学校歯科保健研究大会in山口」を開催いたしました。
大会は全国より多くの学校歯科保健関係者の参加を得て、1日目は文部科学大臣賞をはじめとする第58回全日本学校歯科保健優良校の表彰式に続き、慶應義塾大学 中室牧子教授による特別講演が行われました。その後のシンポジウムでは、本会副会長の齋藤 秀子を座長として大阪大学大学院 天野 敦雄教授の基調講演、シンポジストとして文部科学省初等中等教育局 健康教育・食育課 健康教育調査官の横嶋 剛先生、大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校 主務養護教諭の花松 亜由先生、山口県歯科医師会の小山 茂幸会長による発表と意見交換が行われました。
2日目の5領域に分かれた領域別研究協議会では、テーマに沿った発表、協議が行われました。また、「ポスター発表」では活動部門、調査研究部門から優秀賞が各1点のほか、審査員特別賞が1点、表彰されました。

ご参加いただきました皆様にとりまして、本大会が今後の学校歯科保健活動推進の一助となりますことを祈念いたしますとともに、本大会の開催にご尽力いただきました関係各位に衷心よりお礼を申しあげます。

次回の第84回全国学校歯科保健研究大会は、令和2年10月8日(木)、9日(金)に福井県福井市にて開催をいたします。多数のご参加を心よりお待ち申しあげます。

  • 開会式

  • ポスター展示会場の様子

  • 中室牧子教授による特別講演

  • 企業展示ブースの様子

  • 小学校部会

  • ポスター発表表彰式

▲ ページトップへ