一般社団法人 日本学校歯科医会

一般社団法人 日本学校歯科医会

丸山会長が熊本地震被災地を視察

平成28 年6 月8 日(水)、本会の丸山進一郎会長、杉原瑛治副会長、藤居正博専務理事が熊本県を訪問し、被害の大きかった地域を視察しました。熊本県歯科医師会、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会では、支援物資の保管状況を確認するとともに、教育委員会から学校をはじめとする被害状況の詳細な説明を受けた後、本会からは見舞金、支援物資目録をお渡ししました。
また、熊本市、益城町では、倒壊した家屋やがれきがそのままの状態となっているところも多く、避難所となっている体育館では今なお被災者の方が生活されており、厳しい現実を目の当たりにしました。しかしながら、過酷な避難生活の中で明るく挨拶を交わされる姿に、頭の下がる思いがしました。
本会では、引き続き被災地の復興に向け、学校を中心とした支援を行ってまいりますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。

  • 大林裕明熊本県歯科医師会理事(右)、丸山進一郎日学歯会長(中)、杉原瑛治同副会長(左)

  • 熊本県教育委員会 体育保険課平田浩一課長(右、くまもん寄)、西村浩二審議員兼課長補佐(左、通路寄)から説明を受ける。

  • (左から)杉原瑛治日学歯副会長、丸山進一郎同会長、熊本市教育委員会 岡昭二教育長、濱平清志教育次長、藤居正博日学歯専務理事、深水政彦熊本市教育委員会学校教育部長

  • 災害時「避難所」に指定されている益城町の小学校では、現在も避難所として体育館が使用されている。

▲ ページトップへ