一般社団法人 日本学校歯科医会

一般社団法人 日本学校歯科医会

日本学校歯科医会の概要

ご挨拶

 この度、平成28年3月23日の第89回臨時総会におきまして正式に承認を受け、会長に就任しました丸山進一郎でございます。このことは、私にとって大変光栄であるとともに身の引き締まるような緊張で一杯です。これまでの執行部の取り組みの成果と課題を受け継ぎ、本会の一層の発展を図るべく精一杯尽力していく所存です。
 今年の第80回全国学校歯科保健研究大会は東京都で開催されますが、前執行部のご努力により、第78回大会までと同様に文部科学省が主催団体となっていただけることになりました。また、内外の諸問題も解決の方向に向かっています。厳しい状況の中、並々ならぬご努力をいただいた前執行部に敬意と感謝を申し上げます。詳細につきましては、早い段階で会員各位に直接ご報告いたします。今後は、新執行部を挙げて透明かつ公正な運営に務めていく所存であり、既に具体的な検討を開始したところであります。

 そして、本会の使命である「子どもたちのため」また、「全国の学校歯科医のため」に帆を向け、日本の未来を担う子どもたちの「生きる力」をはぐくむために全力を挙げて取り組む所存であります。
具体的には、生涯研修制度の完成を目指します。健康診断だけでなく、学校に数多く足を運び、子どもたちに触れ合い、成果を上げている学校歯科医を模範(モデル)として推奨していこうと考えております。また、「教育の場である学校での健康志向の歯科健康診断と、かかりつけ歯科医で行う医療(検診)は別のものである」ということも、広く国民に認知していただけるよう取り組んでいく所存です。
 どうぞ、会員、学校並びに関係の皆様方には、これからも一層のご支援、ご鞭撻をお願いし、新執行部の取り組みにご注目いただければ幸甚です。

一般社団法人 日本学校歯科医会
会 長 丸山進一郎

▲ ページトップへ